shutterstock_334712312小
shutterstock_438813223小
shutterstock_300708608小
shutterstock_356880464小

ドライなFOOD=乾物で、
ドライなLAND=砂漠を潤す!
乾物カレーを食べて、
​未来の風景を変えよう!

6月最初の土曜日は、『乾物カレーの日』

家族や仲間と、乾物カレーを食べながら未来の食について思いを馳せる、エコでピースな1日です。

「乾物とカレー?」と首をかしげる方もいるかもしれませんが、試してみてください。乾物の旨味がたっぷりの美味しさに驚くはずです。

コロナ禍の2020年は、特別に、6月1日から7日までの一週間、Facebook上でのイベント「集まらない乾物カレーの日」上を中心に開催しました。

providence.JPG
伏高.png

日本人のカシミヤ好きが、内モンゴルの砂漠化を加速

 

植樹を行っている内モンゴル自治区は、砂漠化が進行している地域のひとつ。その砂漠の砂は黄砂となり、日本にも降り注いできています。

内モンゴルの砂漠化は日本人のカシミヤ好きが原因ともいわれています。

カシミヤのために、葉だけを食べる羊から根こそぎ食べるカシミヤ山羊の放牧へと多くがシフトし、過放牧が進んだことで緑が育つ時間が追いつかず、砂漠化しているのです。

一人ひとりの食べるを束ねる「乾物カレーの日」。

この植樹は、砂漠化などの環境問題の改善、生態系の回復、貧困対策、地球温暖化防止につながっています。

 2020年春までに、ヤマアンズ2250本、障子松490本の植樹を行いました。詳細と、before&afterの写真はこちらから​。

2018年、「乾物カレーの日」は、第13回ロハスデザイン大賞コト部門を受賞しました。

<以下は、例年の乾物カレーの説明になります>
乾物カレーを協力店で食べると、その売り上げの一部が寄付に。

乾物カレーの写真をSNSに投稿すると、協賛企業からの寄付に。

乾物カレーの寄付は、
砂漠化が急激に進む内モンゴルの緑化活動に使われます。

さあ、あなたも未来の環境と、美味しくヘルシーな食生活のために、自宅や学校、パン屋さん、レストラン、居酒屋、カフェなどで、乾物を使ったカレーを楽しみましょう!!

毎年、6月第一土曜日に開催
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • download-2
  • images-2